0→1(ゼロカライチ)

宮城県出身25歳コピーライターの雑記ブログ。

0→1(ゼロカライチ)

宮城県出身25歳コピーライターのブログ。

【Sponsored Links】

Jリーグチャンピオンシップ

一昨日のJリーグチャンピオンシップ。

 

1-1になった時点で、僕は鹿島だと思いました。

いや、ホントに。笑

 

 

 

f:id:nobo0630:20161205121644j:image

 

浦和は、後半終始バタつきましたよね。

素人の僕がテレビから観ててもわかりました。

 

 

2点目を取りに行く、取るしかない、という明確なタスクがチーム全員にあった鹿島に対して

浦和は点を取りに行くのか、それとも守り切るのか、その意思統一ができてなかったかなと。

 

 

僕の個人的なイメージとして、浦和は守り切るチームではない、というものがありました。

得点しながらも、その後もポゼッションしていく。

さらに得点を狙って行く、重ねて行く。

 

今季J1で最少失点だった、とはいえ、チームとしてのキーワードは

緻密な連携による、圧倒的なポゼッション、小気味よいパスワーク

そういうところだったと思います。

 

大歓声のホームで、後半頭から守りに入った時点で

耐え切れないだろうなと僕は思いました。

後半、青木拓矢選手が交代で入った時、守るんだ…と思いました。

 

 

そこに漬け込む鹿島の伝統的な強かさも光ったチャンピオンシップでしたけれども。

 

ピッチの意思統一。それを示すベンチワーク。

その元となるクラブのアイデンティティ。

浦和からはそれらの重要性を学び

またひとつサッカーの深さを感じることができました。

 

 

 

来シーズンは1シーズン制に戻るみたいで、嬉しいです。笑

 

やっぱり年間勝ち点1位のチームが、チャンピオンだと思いますよね単純に。

 

 

 

あ、僕サッカー好きなので、これからもちょいちょい

こういった内容も書かせていただきます。

 

はい。

【Sponsored Links】