0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、26歳フリーライターのブログ。

【Sponsored Links】

小林誠司の送りバントは、二度と見たくない。〜WBC開幕

どうも、こんばんは。

昨日はWBC初戦のキューバ戦がありましたね。

開幕セレモニーからゲームセットまで見てしまいました。

f:id:nobo0630:20170301152101j:plain

個人的に気になった点をダラダラ書きたいと思います。

初回の菊池のスーパープレー

初回はすごい緊張感が伝わってきましたね。

特に先発の石川投手。まぁテレビによく映ってたから。笑

真骨頂の丁寧な投球で相手打線に満足なバッティングをさせていませんでしたが、不運なかたちでノーアウトから2人のランナーを背負うことになってしまいました。

その時の表情は何か、いつもの「ひょうひょうさ」がなかったようにも思えたりして。


そんな中で飛び出したあの菊池のスーパープレー

あれを見せられたら、菊池をセカンドに置くしかありません。
終盤にも1つ、菊池にしか捕れないようなアウトがありましたしね。


あのスーパープレーが、悪い雰囲気を一変させて、チームを流れに乗せたと思います。
その次の回に先制点を挙げて流れに乗りましたからね。


ところで解説の槙原さんが、石川の代名詞であるシンカーをずっと「チェンジアップ」って呼んでましたね。

あれはちょっとやめて欲しかったです。笑

小林のバントについて

あとは小林の第一打席のバントが気になりました。あれはプロのバントじゃない。

バントする時の姿勢が悪いですよね。上半身だけで合わせにいってる感じ。


バントは膝でいかないと。バットと目を離さないようにしないと。


あれは日の丸の重圧どうこうの話ではないでしょう


第一打席は0−2から結果的にヒットになって、第二打席はバント一発で決められて、チームも勝って、なんか良い感じになってますが、あれは今後の懸念材料となりましたね、僕はファンとして。

9番を打つなら特に。いや、小林の打力なら何番でも。
いや、もう二度と小林のバントは見たくない。怖い怖い。

ホームランかと思いきや


あとは山田の、結果として2ベースとなったシーンですかね。

ファンが身を乗り出して捕っちゃって、ホームランかと思いきや2ベースみたいな。

あれってホームランではないんですか?

外野手がフライを下がりながら追いかけて、ボールをグラブで弾いてスタンドに入れちゃってホームラン、みたいなシーンありませんでした?
サンデーモーニングあたりで結構見ましたよね?


まぁ判定は判定ですし、時代は変わったのかもしれないので仕方ないんですけど。


あとTBSにカメラワークが悪いと言いたい。
なぜ打球を見つめる山田の表情を映すのだ。僕はもっと打球の軌道を見たかった。

うん。

とりあえず良かったね


ひとまず、大事な初戦に勝利できて良かったですね。

Apoolでは韓国の敗退が決定的で、初戦の重要性を改めて感じましたよ。

ということで今日はオーストラリア戦です。


また気になったことがあったら、ダラダラと書きたいと思います。

【Sponsored Links】