0→1(ゼロカライチ)

宮城県出身25歳コピーライターの雑記ブログ。

0→1(ゼロカライチ)

宮城県出身25歳コピーライターのブログ。

【Sponsored Links】

「フリーランス」の概念を履き違えていたので、直ちに履き直します。

どうも、こんばんは。


フリーランスとして生きることを目指しているぼーのです。


いやぁ今日の「恋ヘタ」最終回、楽しみですねぇ〜。笑

ズレていた自分

フリーランスとして活躍されているあんちゃさんるってぃさんのブログを読みながら、最近気が付いたことがあります。


それは、恥ずかしながら、僕の「フリーランス」の概念が彼らのそれと比べるとズレていたということです。


彼らのようなフリーランスとして活動したいと考えていましたが、このままでは彼らのようにはなれないのです。


端的に言うと、あかん状況です。


ただ、間違っていたのなら仕方ない。


僕、この辺の割り切りには定評があります。笑


直ちに概念の修正を図りましょう。

憧れとは違うイメージ

僕にとっての「フリーランス」は、一番近いイメージだとYouTuberみたいなものを抱いていました。


ポイントとしては、自分以外の人間とのコンタクトです。


ネットを介して自分のコンテンツを淡々と発信していくイメージを持っていたため、自分以外の人間との直接のコンタクトはないものだと思っていました。


まぁそれもそれで一つのかたちではありますが、憧れのあんちゃさんやるってぃさんのようなフリーランス像とは異なります。


僕が憧れの存在に近づくためには、フリーランスの概念を今一度見つめ直す必要があったのです。

会社ひとり

僕の憧れるフリーランスのみなさんは、イメージとして、一人で会社を運営しているような感覚です。


劇団ひとりならぬ、会社ひとりです。(恐ろしく語呂が悪い…)


事業も広報も会計も、もう何でもなっちゃう。


今話題の「VALU」じゃないですけど、ひとりの人間がひとつの会社のように活動をし、収益を生み出しているのです。


そんな生き方、単純にかっこよくないですか?


僕は近い将来そんなフリーランスになりたいのです。

活動を支えるスキル

さて。フリーランスとして活動するためには、当然スキルが不可欠です。


まぁフリーランスに限った話ではありませんけれども。


特筆すべき専門職を所持していることももちろん大事ですが、それ以外にも発信力やマネジメント力、会計力なんかも必要になってきます。


専門職以外っていうか、その活動を支えるベースってイメージが正しいのかもしれませんね。

rutty07.com

な〜んて、ど素人の僕が言うのもおこがましさの極みなので、詳しくは僕が参考にさせてもらっているるってぃさんのこちらの記事を読んでください。

帆を張りなおして

自分の勘違いに気が付くことができて良かったです。


ここは意地でも良かったと言い張ります。


そうでないと自分がかわいそうなので。笑


さぁそんなこんなで、帆を張りなおしまして。


フリーランスとして一本立ちできるようにこれからも頑張ります。


もちろんブログの発信も続けていきますよ〜。


↓プロフィールはこちら↓
www.nobo0630.com

【Sponsored Links】