0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、26歳フリーライターのブログ。

【Sponsored Links】

ぼーのが初めてクラウドファンディングに参加した話。

どうも、こんにちは。


主観と行動力を重要視してます、ぼーのです。


まぁタイトルの通りなんですが、クラウドファンディングに初めて参加しました

クラウドファンディングとは

不特定多数の人からインターネットを介して資金を集めること。また、資金の必要な人と提供者を結びつける仕組みやインターネットの仲介サービスを表す名称としても使われる。クラウドcrowd(群衆)とファンドfund(資金)を組み合わせた造語で、略称CF。ソーシャルファンディングsocial fundingやマイクロファンディングmicro funding、マイクロパトロンmicro patronともいう。
(日本大百科全書<ニッポニカ>の解説)

↓クラウドファンディングのCAMPFIRE↓
camp-fire.jp

もうすっかり定着した感もありますね。


「クラファンを成功させた」という社会的ステータスなんかも確立されています。

キングコング西野さん

そして僕は今回、キングコング西野さんのパトロンになりました。

今回のこれは、今秋に発売される新著『革命のファンファーレ ~現代のお金と広告戦略~』のプロモーションも含んでいると解釈してます。


クラファン初体験の相手が西野さんなんて…嬉しいです。笑

西野さんのパトロンになったワケ

西野さんのファンだから

前著『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』がきっかけで、正式にファンになりました。


それまでも彼のブログや言動をチェックしてたってことで「正式に」。


あ、まだ読んでいない人にはまじでオススメの一冊ですよ。


特に10〜20代の、若くてこれからの時代を進んでいく方々はぜひ。

パトロンになるという経験をしてみたかったから

クラウドファンディングには前々から興味がありました。


お金=信用」という図式が描きやすくなった現代において、まず一歩踏み出すことができたかなと思います。


言うまでもありませんが、誰かを通して知ることと主観で経験することは全然違います。


これをまたひとつのきっかけにして、もっと経験や思考を深めていきたいと考えています。

今秋発売予定の新著を買う予定だったから

今秋発売の新著『革命のファンファーレ ~現代のお金と広告戦略~』は、初めから新品で買う予定でした。


西野さんの本は何度読み返しても面白いので、家に置いておきたい本です。


そこで、「このプロジェクトのリターンとして、『革命のファンファーレ ~現代のお金と広告戦略~』を受け取ることができる(しかもサイン入り)のなら、倍額出してクラファンの経験を買ってもいいのかな」と思ったワケです。


てか、クラファンの経験といっしょに欲しかった本が手に入るなんて、激安価格もいいところです。


このあたりは、さすがとしか言いようがありません。。

クラファンに初めて参加してみて

クラウドファンディングに初めて参加しましたが、やっぱり心理的な変化が大きいですね。


少額ながら自分もプロジェクトに関わっているんだ、パトロンの一員なんだ、という意識が、否応無しに芽生えます。笑


最近読んでいるメンタリストDaigoさんの本に、

人間は、誰かに何かをしてもらうことよりも、誰かに何かをしてあげることで幸福感を得ることができる

と書いてありました。


クラウドファンディングは、人間のそういった本能的な側面も関連させていたのだと気がつきました。


今後も主観を大切にして、世の中とコミットしていきたいと思います。

【Sponsored Links】