0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、26歳フリーライターのブログ。

【Sponsored Links】

ネットワークビジネス勧誘についての話。

f:id:nobo0630:20170728165142j:plain

「セックスしかしたくありませんが、私と付き合ってください。」


異性からそんな風に言われたら、皆さんはどのような感覚を覚えますか。

ネットワークビジネス

www.nobo0630.com

もう結構前の話になりますが、僕は以前ネットワークビジネスに勧誘されていました。

ネットワークビジネスの世界は僕にとって新鮮で、非常に興味深かったです。


しかし、実際に僕が取り組もうという気にはなりませんでした。

その理由が、冒頭の言葉を言われたような気分になったからです。

憧れの存在を見せる

ネットワークビジネスの勧誘には、とにかくいろんな人物が登場しました。

そして、その人たちは「成功者」というキャラクター(本当に成功者なのかもしれないが何も証拠はない)で、僕らの「憧れの存在」になろうとします。


「自分もあの成功者たちのようになりたい」と思わせるのです。


「成功者キャラ」たちは、人柄も素晴らしいので、神々しく感じてしまいます。

僕も初めは、そんな彼らの生き方に圧倒されてしまいました。

自分の道を見失ってしまう

他人の生き方に圧倒されてしまうと、自分の進むべき道を見失ってしまうという由々しき事態に陥ります。

実際に僕自身、自分の生き方を何度も見失いかけましたが、なんとか守り抜き今に至ります。


「成功者キャラ」たちの生き方は素晴らしいですし、というかそもそも他人の生き方に影響される筋合いはありません。


しかし、ネットワークビジネスの勧誘においては、むしろそういった作用が狙われます。

モチベーションを保たせる

そして、彼らは頻繁に姿を現し話す機会を設けることで、僕らのモチベーションを保とうと努めます


ネットワークビジネスは一般的に、すぐに結果が出るビジネスではありません。(もちろん人によりますが)

そのため、始めたばかりの人間はモチベーションが下がってしまう傾向にあります。


それを防ぐため、神々しい彼らが成功体験を話すことによって、僕らのモチベーションを保たせるのです。

告白の言葉をかける

こんな事情にも関わらず、僕が直接ネットワークビジネスへの勧誘を受けた時の直接の言葉は

「あなたといっしょに仕事がしたい」

という言葉でした。


ビジネスにおいて、(現代では特に)「信用」が重要視されます。

僕自身ももちろん「信用」は重要視しています。


ハチャメチャな世界を見せられて、信用を置くことなんて到底できませんでした。

結局は自分のため

「あなたといっしょに仕事がしたい」とか言いながら、結局それは自分(勧誘する側)のためだったことに気付きました。

ネットワークビジネスは、自分が勧誘した人が商材購入の契約にサインをすれば、勧誘した人間にポイントが入るという仕組み。

そのため、勧誘される側の人は商材同然ということです。


もちろん、合法なビジネスの一つですし、その人もそれ以降の活動によって稼ぐことはできます。


しかし、僕はそのやり口が好きになりませんでした。


自分が気持ちよくなりたいだけじゃん、と。

そのために嘘を並べているだけじゃん、と。
(嘘を並べることは時として必要なことだと思いますが、相手に悟られてはいけないと思います)

あなたの周りにも

「あなたのことが好き。だから私と付き合ってください。」

そう言っていたつもりでしょうが、僕には

「セックスしかしたくありませんが、私と付き合ってください。」


という風に聞こえました。

だから僕は、ネットワークビジネスを始めませんでした。


あなたの周りにも、ネットワークビジネスの勧誘は存在するかもしれません。

その時、しっかり自分の道を見失わず、信用を置けるかどうかを見極めてほしいと思います。

【Sponsored Links】