0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、26歳フリーライターのブログ。

【Sponsored Links】

とある本で気が付いた、クラウドファンディングの魅力。〜「polca」始めました。

どうも、こんばんは。ぼーのです。


クラウドファンディングでおなじみのCAMPFIREから、また新しいサービスが提供されました。

polca

その名も、polca(ポルカ)。


まず名前がかわいいよね!そして「ポルカ」って言葉を発する時の口の動きも心地良い!笑


と、まぁ少々盛り上がったところで、そもそもpolcaってなんぞやと。

身近な友だち同士で始める、
フレンドファンディングアプリ。
やりたい事を思いついたら、企画をたて、必要な金額を友だち同士で集めることができます。

※フレンドファンディングとは、友だち(friend)と、資金調達(funding)を合わせた造語です。

( https://polca.jp より抜粋 )


キャッチコピーは、「よろこびを、あつめよう。


クラウドファンディングの知り合い版、みたいなイメージですね。


フレンドファンディング」。すてきな言葉だと思います。

僕のpolca

習うより慣れろ精神の僕は、とりあえずやってみることにしました。


↓ちなみにそれがこちら↓

polca.jp


支援してくださった方々の紹介記事は、また別で書きたいと思います。


みなさん、僕を快適な新幹線で帰省させてください。笑

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングの知り合い版が、今回の「フレンドファンディング」。


んじゃあそもそもクラウドファンディングってなんぞやと。

《crowdは、大衆の意》プロジェクトのための資金を調達できない個人・団体が、ソーシャルメディアをはじめインターネット上で企画内容と必要な金額を提示し、広く支援を呼びかける手法。少額の資金提供者を多く集めることによって、目標額の達成をねらうもの。
(デジタル大辞泉 より)

自分1人の力では叶えられないことも、いわばネットでプレゼンをして支援を募ることで、叶えられるようになります。


非常に夢のある、そして愛のあるサービス。


CAMPFIREやMakuakeが有名ですね。

camp-fire.jp
www.makuake.com

クラウドファンディングの魅力

現代のトレンドとも言えるクラファンですが、最近とある本を読んで、気が付いたことがあります。


それは、クラウドファンディングは人間の本能的な部分を刺激して、人々を魅了しているのだということ。


主にポイントは2つあると思います。

仲間意識

まずは、仲間意識が生まれるということ。


僕は以前、キングコング西野さんのパトロンになりました。

www.nobo0630.com

もちろんその前からファンではいましたが、実際にお金を出して支援をすることがある意味「けじめ」となって、より強い仲間意識が生まれました。


グループに属すると、否が応でもそのグループを気に留めてしまうのが人間です。自発的に所属したグループならなおさら。


繰り返しにはなりますがお金を支払うということも、より強い仲間意識を生み出す要因です。

何かをしてあげたい気持ち

そして実は人には、「(自分が)助けたあげた人のことを好きになる」という性質があります。


大切な人のことを助けてあげたくなる、という感覚はみなさんご理解いただけますよね。


自分が好きだから、困っている相手を手助けしたい。喜ばせてあげたい。


この逆も成立してしまうのが、人間の面白い性質なのです。


心理学の用語を使わせていただくと、「認知的不協和の解消」。


人は、相手を好きだから何かしてあげようと思うし、何かしてあげたから好きになってしまう。


ポジティヴな感覚がここにはあります。

メンタリストDaigo

今回のこのクラファンに関する魅力、メンタリストのDaigoさんの本を読んで気が付きました。

直前の人間の性質についての話、よくわかんなかったよって方は、ぜひこの本を読んでみてください。


人に好かれる技術がいっぱい詰まってます。Daigoさんの本は、具体例も豊富で読みやすいです。恋愛にもきっと活かせちゃいます。


そしてクラウドファンディングが、人間の性質にぴったりのサービスだったということにも、合点が行くと思います。

【Sponsored Links】