0→1(ゼロカライチ)

宮城県出身25歳コピーライターの雑記ブログ。

0→1(ゼロカライチ)

宮城県出身25歳コピーライターのブログ。

【Sponsored Links】

ボディコピーとは〜ボディコピー研究所0

どうも、こんばんは。


コピーライター1年目()、ぼーのです。


今日からコピーの理解を深める新企画を始めます。


まぁ、タイトルでわかっちゃうと思いますが。

ボディコピー研究所

コピーライティングを上達させるためには、往年の名作コピーを研究することが重要だという話を聞きました。


宣伝会議コピーライター養成講座を通して、ね。


そして僕自身もそれを実感しております。


そこで!


名作ボディコピー取り上げ研究する、という企画をスタートさせようと思います。

ボディコピーとは

f:id:nobo0630:20170904220827j:plain

イメージとしては、この画像を見てください。


キャッチコピーは人を惹きつける役割を、ボディコピーは人に商品の魅力を伝える役割を、それぞれ担っていると分類されます。


僕が受講したコピーライター養成講座では、ナンパに例えられていましたね。


キャッチは「僕と話しませんか?」と声をかける感じ。ボディはそこから2人で話して口説く感じ。


そんなイメージのお話を受けました。

なぜボディコピーなのか

コピーライターにとって花形の仕事といえば、キャッチコピーを書くことです。


しかし変な話、キャッチコピーは誰にでも書けてしまいます


理由は、短いから。そして“それっぽいもの”に普段から多く触れているから。


誰もがそれっぽいものを書くことができるのです。


長く、効果的な文章を書けてこそ、コピーライターではないかと言われているのです。




乞うご期待

今回は「第0回」ということで、ボディコピーを定義付ける内容とさせていただきました。


次回以降、実際のコピーを取り上げて紹介させて頂ければと思います。


ちなみに、参考文献はこちらとなっております。

どうぞよろしくお願いいたします。

【Sponsored Links】