0→1(ゼロカライチ)

宮城県出身25歳コピーライターの雑記ブログ。

0→1(ゼロカライチ)

宮城県出身25歳コピーライターのブログ。

【Sponsored Links】

「10000円」をどう捉えるか、っちゅう問題。

f:id:nobo0630:20171113234626j:plain

ここに、10000円があります。








さて、皆さん。


そう聞いて、どんなイメージを抱かれたでしょうか。

ブログ好きです

どうも、ぼーのです。


僕はブログが好きで、書くだけでなく他人のを読むのも好き。


どんなことを記事にしているのか、更新頻度はどれほどなのか、など。


そんなことを見ています。

月間〇〇万PV

ブログでは、「PV(ページビュー)数」がブログの規模を示す指数として一般的ですね。端的に言えば、どれほど他人に見られてんのってこと。


やっぱり他人に求められてなんぼですからね。これはブログに限った話ではなく。


ちなみにこのブログの月間PV数は1000PVほど。伸び代しかありません


僕が目標にしているブログ界のアイドル、ヒトデさんは月間100万PVを稼ぐそうです。


雑記ブログで100万PV。追いつきてぇ

www.hitode-festival.com

10000万円のくだり

さてさて。ここで冒頭の10000円のくだり


「ここに10000円があります」と言われて、どんなイメージを抱かれましたか。


一万円札が1枚、ペラっとありましたか。


千円札が10枚ありましたか。百円玉が100枚ありましたか。




僕はこれからの時代(急にスケールデカっ)、10000円を一万円札以外で捉える能力が重要だと思います。

これは推測だけどネ

ブログが月間100万回読まれるということ。


100万回読まれる記事が一つあるわけではありません。記事を更新したその日に、100万人がアクセスしているわけでもありません。


そのブログには、10000回読まれる記事が100個あるのかもしれない。1000回読まれる記事が1000個あるかもしれない。


僕はこれまで、100万回読まれる記事が一つあるんだなと勘違いしていました。


ブログを更新したその時に、ブログにアクセスしてくれる人。もちろんその人たちのPVも重要ですが、芸能人じゃない僕ら一般人にとっては、そんな瞬間的な読者だけではPV数は稼げません。限界があります


トップブロガーたちが口を揃えていうように、僕らは検索流入を狙う必要があります。そして、100回でも1000回でも読まれる記事を、少しずつ積み重ねていくべきなのです。

例えば月収20万円

この10000円のくだり、ブログのPV数に限った話ではありません。


例えば、月収20万円稼いでいるという場合。


給与20万円の会社に所属しているだけなのか、ブログやYouTubeなど5万円の稼ぎ口が4つあるのか。(例えばね例えば)


僕らの親世代は前者を「安定」と呼び推奨するのでしょうが、僕は後者で在りたいと思っています。


これからの時代、どんな職業がどんなタイミングで無くなるかわかりません。またどんな職業が生まれるのかもわかりません。


そんな中、一つの場所に留まり続けることこそ、リスクなのではないかと思ってしまいます。


ましてや、今は誰もが複業に取り組みやすくなった時代です。


僕は柔軟な発想力を持って、しっかり「積み重ねて」いきたいと思います。

【Sponsored Links】