0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、26歳フリーライターのブログ。

【Sponsored Links】

UEFAネーションズリーグってなに?大会概要や今後の可能性を調べてみた。

f:id:nobo0630:20180125215832j:plain

今年の9月から、ヨーロッパで「ネーションズリーグ」というサッカーの新しい国際大会が始まるらしい。


ネーションズカップではなく。ネーションズリーグ


「ドイツ、フランス、オランダが同組。やべーよ」みたいなニュースでこの大会の存在を知り


そもそもなんやねんという気持ちになったので


その疑問を解決していくさまをシェアしていければと思います。

概要

ネーションズリーグは、欧州サッカー連盟(UEFA)が主催する2年に一度の国際大会


偶数年の9月に始まり、翌年の6月までで頂点を争うらしい。結構長いネ


あとはやっぱり面倒だからコピペ。どん

 UEFAランキングに応じて、全55チームが最高位のAリーグから最下位のDリーグにまで分けられる(Aリーグ12カ国、Bリーグ12カ国、Cリーグ15カ国、Dリーグ16カ国)。

 それぞれのリーグは4つのグループに分けられる。ホームアンドアウェイで試合が行われ、最終的に上位1チームが上のリーグへと昇格できる。反対に、最下位のチームは下のリーグへ降格するという仕組み。またAリーグでは、グループの首位4チームが2019年6月に開催される準決勝に進出。その後、決勝戦と3位決定戦が行われると発表されている。

↓詳しくはこちら↓
www.soccer-king.jp

良質なコラム、みっけ。

リーグ戦?昇格?降格?優勝?てか日程は?EUROは?W杯予選もあるよ?


と混乱しまくる僕を救ってくれる、良いコラムを見つけました。どん

↓ぜひ読んでください↓
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2017101218565002.htmlwww.jsports.co.jp

 例えば、最強の12チームが集まったリーグAでは、各グループは3チームずつの構成となる。したがって、グループリーグでは各チームは4試合を戦うだけだ。準決勝、決勝を含めても、6試合戦えば優勝できることになる。リーグC、リーグDはほとんどのグループが4チームずつだが、それでも試合数は各6試合である。

 つまり、これまで予選大会の合間にあった数試合の「親善試合」が「ネーションズリーグ」に変わるだけである。 このことは、実際にUEFAの発表の中にも明記されている。つまり、「親善試合」では注目度を上げることが難しいのに対して、「ネーションズリーグ」というタイトルを付けることで注目度、観客動員力が上がるだろうというのだ。カテゴリー分けをしたことで、「ネーションズリーグ」は同程度の実力の相手と戦うわけだから、試合内容としても面白いはずだ。

 つまり、各代表チームの負担をそれほど増やさないで、各国協会の収入を上げられるというわけである。

親善試合がネーションズリーグに変わるだけ、という解釈はスッと入ってくるよネ

今年の組み合わせ

大会の概要をつかんだところで、今年の組み合わせを見てみましょう。どん

f:id:nobo0630:20180125180019j:plain

◆リーグA(12ヶ国)
グループ1: ドイツ、フランス、オランダ
グループ2: ベルギー、スイス、アイスランド
グループ3: ポルトガル、イタリア、ポーランド
グループ4: スペイン、イングランド、クロアチア

◆リーグB(12ヶ国)
グループ1: スロバキア、ウクライナ、チェコ
グループ2: ロシア、スウェーデン、トルコ
グループ3: オーストリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、北アイルランド
グループ4: ウェールズ、アイルランド、デンマーク

◆リーグC(15ヶ国)
グループ1: スコットランド、アルバニア、イスラエル
グループ2: ハンガリー、ギリシャ、フィンランド、エストニア
グループ3: スロベニア、ノルウェー、ブルガリア、キプロス
グループ4: ルーマニア、セルビア、モンテネグロ、リトアニア

◆リーグD(16ヶ国)
グループ1: ジョージア、ラトビア、カザフスタン、アンドラ
グループ2: ベラルーシ、ルクセンブルク、モルドバ、サンマリノ
グループ3: アゼルバイジャン、フェロー諸島、マルタ、コソボ
グループ4: マケドニア、アルメニア、リヒテンシュタイン、ジブラルタル

↓詳しくはこちら↓
www.footballchannel.jp

強豪国がひしめき合うリーグAが注目されていますが、僕が個人的に注目したいのはリーグBのグループ2


実は昔からちょっとスウェーデンが好きなんですけど、その相手はロシアとトルコ。同格以上の良い相手と当たったなと思いましたね。


スウェーデンを好きになったきっかけ?


…国旗です。笑

f:id:nobo0630:20180125175129p:plain

ネーションズリーグの気になる今後

組み合わせ

大会初年度である今年はUEFAランクで組分けするとして、再来年から始まる第2回以降の組み合わせはどうなるんですかね


UEFAランクは「UEFAが主催するクラブの国際大会であるUEFAチャンピオンズリーグ及びUEFAヨーロッパリーグにおける過去5シーズンの各国クラブの成績に基づき算出されるランキング(Wikipediaより)」ですから


次の大会までに変動することは十分に考えられます。


第1回大会から引き継ぐかたちになるんでしょうか。

W杯やEUROとの兼ね合い

「ネーションズリーグ」の第1回大会は、試合数も少ない小規模の大会として2018年に始まる。だが、FL(=ザ・フットボール・リーグ)やチャンピオンズカップの例を思い出すと、この新しい大会も人気が高まったら、そのうち「試合数を増やそう」という動きが出てくることになるかもしれない。 発表された概要では、「ネーションズリーグ」の各グループ首位チームには、もしEURO予選で敗退しても敗者復活的なプレーオフ出場の権利が与えられるらしい。

だが、将来、「ネーションズリーグ」を拡大しようとしたら、EUROやワールドカップの予選を全面的に兼ねることも考えられる。 南米のワールドカップ予選は、加盟10協会が総当りリーグ戦で行っている。まさにこれこそ「ネーションズリーグ」そのものではないか!「ネーションズリーグ」が将来、どのように発展拡大していくのか注目したい。 そういえば、現在のEURO、かつての「ヨーロッパ選手権」も、発足当初の大会名は「ネーションズカップ」だった。

前述、リンクを貼り付けたコラムの最後にもこのようにありました。


W杯やEUROとどのように絡んで行くのか、これから試行錯誤が繰り返されることでしょう。


これから歴史が立ち上がる瞬間に立ち会えるなんて、幸せな時代に生まれましたね。いぇい

放映権←

これは日本国内の話なのですが、第1回ということもあり、注目度は高い大会ですよね。


そしてW杯直後ということで、次のW杯へ各国メンバーの入れ替わりが予想されます。W杯とはまた違った面白みがあります。


故に、売れると思います。笑


スカパーかDAZNかなぁ

とりあえずロシアW杯

このネーションズリーグによって、ヨーロッパ各国のレベルがまた上がって行くでしょう。


さすがフットボールの聖地、って感じですよね。W杯もヨーロッパが3連覇中ですから。


ってことで


いろいろ楽しみは尽きませんが、まずは今年の6月にあるロシアW杯を楽しみましょう


うぇ〜い

【Sponsored Links】