0→1(ゼロカライチ)

宮城県出身25歳コピーライターの雑記ブログ。

0→1(ゼロカライチ)

宮城県出身25歳コピーライターのブログ。

【Sponsored Links】

実は今日って、母の日から数えてちょうど1ヶ月前なんですよ。

f:id:nobo0630:20180413184312j:plain

どうも、ぼーの (@nobo0630) | Twitterです。

みなさん。実は今日って、母の日1ヶ月前なんですよ。

知ってました?

…まぁ、僕も今年初めてこんな意識を持ったんですけど。笑

親と離れて暮らしてから

この春から一人暮らしを始めて、親のありがたみを感じている方も多いのではないでしょうか。


高校〜大学にかけて長めの反抗期を過ごした僕自身がまさにそうで、就職して離れて暮らすようになってから親の愛情に気がつき、「母の日・父の日」をより強く意識するようになりました。


まぁ今となっては「恥ずかしい話」ですが、学生時代の僕を咎める気持ちもありません。仕方ない。

ドルチェグストは良い

過去にはドルチェグストを贈りまして

結構喜んでもらえました。毎日使ってもらえてるみたいで、僕も嬉しい限り。


ちなみに実家に帰ったときに飲んだら、やっぱ味も良かったですね。

なににしましょ

ということで、今年は何をしようかな。って感じですわ

候補をいくつか列挙するので、良かったらいっしょに考えませんか。笑

永遠のトレンド、花。

フローリストクラウンでは、フラワーボックスなるものが人気らしいです。

花束がノーマルだとしたら、この箱に敷き詰めるフラワーボックスは確かに面白いかもしれない。。




スイーツ

女性の味方、スイーツ。

六本木のLOUANGE TOKYOはTVや雑誌で取り上げられるほどの名店みたいです。←




キッチン用品・雑貨

困った時の、キッチン用品。

料理家・栗原はるみさんのことは正直存じ上げませんが

彼女がプロデュースするゆとりの空間 は幅広い品揃えが人気なようです。




便利な時代

そんな感じで、今のところは個人的にスイーツがいちばんの候補かもしれません。


とはいえほかにもAmazonで「母の日」と検索するなど、たくさん候補は見つかります。


いやぁ、便利な時代ですね。


みなさんもこの機会に、このブログを訪れてしまったことを機に(笑)、1ヶ月前から母の日を考えてみてはいかがでしょうか。

【Sponsored Links】