0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、26歳フリーライターのブログ。

【Sponsored Links】

【読書】「自分がその本を持つ意味」を、今一度考えてみませんか。

f:id:nobo0630:20180510210121j:plain

どうも、ぼーの@コピーライター (@nobo0630) | Twitterです。


最近寒いですね。みなさん体調崩していませんか。←誰


今週末は母の日。ということで僕は、以前の記事で紹介したケーキ屋さんのケーキを送ることにしました。

www.nobo0630.com

よろしければ参考に。

読書好きぼーの

さてみなさん、読書はしますか。本を持ってますか。


僕は読書が好きで、電車の中は読書タイム。


読むジャンルは、ビジネス本が大半。あ、あと広告コピーに関する本も読みます。(これもビジネス書…?)

本の本質

本の本質は(←)言うまでもなく、その中に記してある内容。


ひいては本の内容を自分の頭の中に入れ、それをしっかり現実で実践していく、ということが重要ですね。


本をインテリアとして扱うこともあるようですが、僕にとっての本質はその中身。


そんな僕は最近本と暮らす中で、「本を持つ意味」を考えていました。

モノを持たない時代

というのも、「所有」ではなく「共有」に重きをおく近頃の時代背景が影響しています。


ミニマリストという言葉も登場し、「モノを持たないこと」が美徳とされる風潮。


かくいう僕も、東京に来てからはもっぱら「ブクマ!」というアプリで本を〈回して〉います。


生きやすさも感じる中で(感じていたからこそ)、「本を持つ意味」って何なんだろうと、最近なんとなく考えていたのです。

本を持つ意味

しかし先日、本を持つことの大切さを強く感じることができました。


それは、コピーが上手く書けずに悩んでいた時のこと。僕がコピーライターになる前(約3年前)に買った、コピーに関するノウハウ本を読み返してみました。


そしたらそれが、想像以上にめちゃくちゃ面白かったんです。想像以上に、めちゃくちゃ。


本を買った当時とは経験値や感覚が違うこと。本の内容をほぼ忘れてしまっていたこと。


「そりゃ面白く感じるわ」と思える理由がすぐに浮かんできましたが、なんとなくモヤモヤしていた僕は、その時「本を持ってて良かった」と心から思うことができました。

読み返すかどうか

一度読んだ本を、その後も所有しておくかどうかの分かれ道は「読み返すかどうか」でした。


それに気がついてから、僕の本棚の1軍ゾーンには、広告コピーのノウハウ本や歴代のコピー集。またサッカー観戦の本やアイデアに関する本など、この先読み返す可能性があると思える本が並ぶようになりました。


該当しなかった本たちは「ブクマ!」で出品。本を整理するとともに、また欲しい本ができた時の資金を生み出しています。


皆さんも、ご自分の本棚を見返してみてはいかがでしょうか。


僕にとっては「この先読み返すかどうか」でしたが、自分がその本を持つ意味を今一度、考えてみると良いのかもしれません。


↓良かったら僕のコードを入力ください。。笑↓
www.nobo0630.com

【Sponsored Links】