0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、26歳フリーライターのブログ。

【Sponsored Links】

【PL第1節】新加入リシャルリソンのプレースタイルは、イスコを彷彿とさせる。【エヴァートン】

f:id:nobo0630:20180816235014j:plain

先週、イングランドのプレミアリーグがついに開幕。


今シーズンもサッカーブログを書いていこうと思う。


その理由は、好きだからである。

今季もトフィーズサポ

f:id:nobo0630:20180816172402j:plain

ぼくは今年で海外サッカー観戦歴13年目を迎える。


ウェイン・ルーニーの熱烈なファンであるぼくは、昨シーズン、ユナイテッドサポからエヴァートンサポに移籍。


「ビッグ6以外」のチームを応援することの楽しさを知り、ルーニーがアメリカに去った今シーズンも、エヴァートンを応援することにした。

第1節ウルヴス戦

ということで今回は、ウォルヴァーハンプトンのHOMEでおこなわれた開幕節のレポート。

両チームのスタメンはこのようなかたち。

f:id:nobo0630:20180816172416p:plain

シーズンの初戦ということもあったのか、互いに守備ブロックをしっかり形成する、終始タイトなゲームとなった。

両チームともビルドアップに難あり

そこで鍵になると思ったのは、後方からのビルドアップ能力。すなわち、GKとCBの足元の技術、およびパス精度である。


がしかし


両チームとも、その能力を発揮することができず、なかなか良いかたちでボールが回らない。

味方を狙ったロングボールがタッチラインを割るというシーンを何度も見た。

f:id:nobo0630:20180816232058j:plain

ジャギエルカの退場、そしてネベスの同点FKへとつながったファウルも、ジャギエルカのコントロールミスが原因。

ぼくは試合を観ながら、後方から巧みにボールを捌くフンメルスやボヌッチ、ピケの姿を夢見ていた。

ホルゲイトが見せた可能性

f:id:nobo0630:20180816231706j:plain

ジャギエルカが退場を告げられると、エヴァートンの新監督マルコ・シウヴァはシグルズソンに代えてホルゲイトを投入。

下の図のような4−4−1になる。

f:id:nobo0630:20180816231221p:plain

スクランブルの投入となった背番号2だが、ジャギエルカにはなかった効果的な縦パスを何度か披露

昨シーズン、サイドバックも経験したことが大きいのだろうか。


相手にシュートまで持っていかれたクリアミスなどはあったが、今後が楽しみになるプレー内容であった。

エヴァートンでレギュラーをつかむことができれば、イングランドを代表するDFになれるだろう。

新加入リシャルリソン

f:id:nobo0630:20180816232446j:plain

そしてトフィーズサポとして語らないわけにはいかないのが、この試合2得点を決めたリシャルリソンである。

今夏、マルコ・シウヴァがワトフォードから連れてきた21歳に支払われた移籍金は、なんと4000万ポンド(約58億5000万円)


ブラジルA代表でのプレー経験もない選手としては、破格の移籍金なのではないかと思われたが、さっそく真価を見せつける結果となった。

サッカーIQの高さ

そのプレーには、非常にインテリジェンスを感じた。


味方と相手の状況、ボールの位置によって定めるポジショニングが的確で、守備ブロックにもしっかり加わる。(この試合、右サイドのウォルコットの守備も効いていた)


また印象的だったのは、後半カウンターを受けたシーン。


セントラルMFゲイェが敵陣に倒れて戻ってこないとき、リシャルリソンはサイドから中央にポジションを移し、危険なゾーンをしっかり埋めていたのだ。

結局、痛がっていたゲイェが遅れて戻ってきて、ことなきを得たというシーンであった。

ボールを持った姿

ボールを持ったときは、基本的にはシンプルに味方にボールを回していた印象。

またドリブルはスピードでぶち抜くというタイプではなく、タイミングや緩急で抜いていくタイプで、その姿はレアル・マドリーのイスコを彷彿とさせた。

f:id:nobo0630:20180816233804j:plain

イスコほどビルドアップに顔を出すわけではないが、イスコよりもしっかり左サイドにポジションを取り、守備もサボらない。

非常に、今後が楽しみな選手である。

次節はホーム開幕戦

一度はエヴァートンが逆転したものの、追いつかれてドローとなったゲーム。


35歳のキャプテン、ジャギエルカの退場が尾を引く印象となってしまった。



とはいえ、まだシーズンは始まったばかり。


次節、吉田麻也が所属するサウサンプトン戦で、今季初の勝ち点3をつかみたいところである。


↓サッカー観戦がより面白くなる!オススメの一冊↓

【Sponsored Links】