0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、26歳フリーライターのブログ。

【Sponsored Links】

「書く」が好きなだけで、未経験からフリーライターになれる時代。

f:id:nobo0630:20180902002105j:plain



「書く」ことが好きなそこのあなた。未経験からライターになってみませんか。


ということで、こんばんは。


今日から9月ですね、いかがお過ごしでしょうか。


ぼくは、今年の7月まで約1年間コピーライターとして生きていましたが、現在はフリーライターとして生きています。

実績・人脈ゼロ

約1年間を強調させて何が言いたかったのかというと


大した実績や人脈もないのに独立した、ということ。


それらが”ある”に越したことはないんですが、やろうと思えばできちゃうんです。独立。


ぼく、生存できちゃってますから。笑

クラウドソーシング

キーワードは、クラウドソーシング

crowd(群衆)とsourcing(業務委託)の造語。企業は不特定多数の人にネットを介して安価に外注でき、経営効率が上がるとされる。受注側は働く場所や時間に拘束されないため、フリーランスや主婦、退職者など幅広い活用が期待されている。
(2015-09-05 朝日新聞 朝刊 東京南部・1地方)

フリーランス界隈に広がりを見せているこの言葉ですが、まだまだ常識的ではない様子。

実際にぼくの家族や地元の友達は知りませんでした。


その仕組みは、基本的に、ネットで受注しネットで納品。

つまり極端な話、パソコンとネット環境さえあれば、どこでも仕事ができちゃうんです。(ライティング以外の仕事もアリ)


なんて素晴らしい時代なのでしょう。

ぼくが登録しているサービス

また、クラウドソーシングサイトは、どこも無料で登録が可能。

シンプルにリスクがないため、副業として利用している方も多いようです。


ぼくがよく利用しているのは「ランサーズ」「クラウドワークス」、そして「サグーワークス」という3つのサイト。


「ランサーズ」「クラウドワークス」は、国内最大級のクラウドソーシングサイトとして有名。

ライティングだけでなく、デザインやプログラミングなど、さまざまな依頼が集まる場所です。


一方「サグーワークス」は、ライティングに特化したサービス

採用の前にテストが実施されますが、取材・編集などに取り組みたい方にはピッタリだと思います。


一度きりの人生だから。

ということで、今は「書く」が好きなだけで、誰でもフリーライターになれる時代です。

だから、まずは副業からでもいい。


あなたの「好き」を活かして、好きに生きてみてはいかがでしょうか。


人生の幸福度が、確実に増しますよ。


情報のソースは、ぼく自身です。

【Sponsored Links】