0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、26歳フリーライターのブログ。

【Sponsored Links】

【PL第5節】顕在化した「エヴァートン攻略法」に、これからどう立ち向かうのか。【vsウェストハム】

f:id:nobo0630:20180921003217p:plain

今日は、サッカー素人によるサッカーブログ。


プレミアリーグ第5節、エヴァートンvsウェストハムの一戦についてお送りする。

ウェストハム戦

エヴァートンvsウェストハム
1−3


アンドリー・ヤルモレンコ(前半11分)
アンドリー・ヤルモレンコ(前半31分)
ギルフィ・シグルズソン(前半47分)
マルコ・アルナウトヴィッチ(後半16分)

結果として、AWAYウェストハムに今季初勝利を献上してしまったゲーム。

スタメンはこのようなかたちになった。

f:id:nobo0630:20180920215354p:plain

前節と比べ、エヴァートンは変わらず4-2-3-1だったが、対するウェストハムは4-1-4-1(前節は4-4-2)のような布陣。

エヴァートン対策をしっかり練ってきた印象だった。

今節も後ろに引かれ大苦戦

後ろを固めるハダースフィールドに苦戦した前節のエヴァートン。

www.nobo0630.com
(前節のマッチレビューです。時間があればご一読ください。)


今節は、ウェストハムも同じようなかたちを敷いてきた。

ハダースフィールドの5バックとは違ったが、MFノーブルが2ラインの間に立ち、CBが出ていったスペースを素早く埋めていたのだ。


また、エヴァートンのビルドアップにも問題があった。

f:id:nobo0630:20180920225343p:plain

たとえば、右サイドにボールがあるシーン。

相手ブロックの外側に、6人(水色にした選手)もいるのだ。しかもその外側の6人からは、効果的な縦パスはほとんど入らない。


ウェストハムのペジェグリーニ監督にとっては、プラン通りだっただろう。

f:id:nobo0630:20180920231154j:plain

ヤルモレンコが立て続けに2得点

ビルドアップに苦戦していると、前半11分に相手のショートカウンターから先制点を献上。

その20分後には、またしてもビルドアップのミスから追加点を許す展開。


いずれのゴールも、この試合スタメンで起用されたFWヤルモレンコの左足から生まれた。


2失点目は、ズマとディニュの2人で対応しながら、左足のシュートコースを空けてしまったのが悔やまれるが…あのシーンを作ってしまったことを悔もうと思う。

f:id:nobo0630:20180920232250j:plain

エヴァートンはシステムを4−1−3−2に

2失点を喫したマルコ・シウヴァは、前半終了のホイッスルを待たずして、1枚目の交代カードを切る。


前半44分、ボランチのシュネイデルランに変え、2列目を主戦場とするMFベルナルドを投入。

ベルナルドを左サイド、ルーウィンをトップに回し、ゲイェ が1ボランチ気味になる4−1−3−2になった。

図にするとこのようなイメージ。

f:id:nobo0630:20180920232802p:plain


この交代カードは、さっそく効果を発揮。

単純に前線に人数が増えたことで、相手ディフェンスに混乱をもたらし、相手陣内でボールが回り始めた。


そしてベルナルド投入から3分後、DFケニーのクロスからMFシグルズソンがヘディングでゴールネットを揺らす。

f:id:nobo0630:20180920234738j:plain

ベンチに引き下がるエヴァートンの選手の背中には、希望を見いだすことができた。

反撃したかった後半

迎えた後半。

立ち上がりは、4−1−3−2のシステムを活かし、右サイドバックのケニーから効果的な斜めのパスが入るシーンもあった。


しかし、俗に言う「一瞬の隙」をつかれ、アルナウトヴィッチにゴールを許してしまう。

f:id:nobo0630:20180920235702j:plain

あのシーン、エヴァートンの右サイドバックがコールマンならシュートコースに入っていたのだろうか…と思ったのは、筆者だけではないはずだ。


この失点が、後半16分で万事休す。


ディニュのクロスから途中出場のFWニアッセがバーを叩くシーンもあったが、チームとして機能したシーンはかなり少なかった。

第5節を終えて。

前節のハダースフィールド戦、そして今節のウェストハム戦を通して、「エヴァートン対策」がかなり顕在化されてしまっているように思う。


相手の前線からのプレッシングを、後方の数的優位で上手くいなして敵陣のスペースを活用していたシーズン序盤。

しかし、その相手チームの前線からのプレッシングが、ほとんど見られなくなり、後ろのスペースを埋めるようになっている。

ウェストハムは、前節とはサッカーが違っていて、明らかにエヴァートン対策を練ってきたと言える。


この状況を、マルコ・シウヴァはどう改善するのだろうか。


そして、次節はいよいよビッグ6と今季初の顔合わせとなる。AWAYでのアーセナル戦。


前節のアーセナルもチェックし、日曜深夜のキックオフまでに、マッチプレビューもアップする予定だ。

そちらも、ぜひお楽しみに。


それでは。

↓サッカー観戦がより面白くなる!オススメの一冊↓

【Sponsored Links】