0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、サッカー大好きコピーライターのブログ。

【Sponsored Links】

多動力で新世界をつくれ。『バカとつき合うな』を読んで、印象的だったこと。

f:id:nobo0630:20181216130709p:plain

堀江貴文さんと西野亮廣さんの『バカとつき合うな』を読んだ。


彼らふたりの本はこれまで何度も読んできたが、やはりその"はっきりとした価値観"や"歯切れの良さ"には爽快感すら覚える。


今回は、個人的に印象に残っている内容を、少しばかり紹介をしていこうと思う。

想像力


想像力は才能ではなく、情報量だ。


仕事で良い結果を出すために、また他人と良い関係を築いていくために、想像力は不可欠


個人的に、想像力は感性というか、その人の感覚的な部分に関係していると思ってしまっていたが、どっこい真理は情報量。


情報の差は経験の差であり、経験の差は行動の差だ。やはり結局ここに帰結するが、しっかり行動しよう。

にわか


にわかは、そのカルチャーが持っている直感的な魅力をわかっている。


故に「にわかを馬鹿にしてはいけない」と続く。誰でもはじめはにわかだっただろ、と。


そして、にわかは1番お金を払ってくれる大切な存在。


新しい世界に興味をもってくれた仲間として迎え合う、すてきな世の中になればいいなぁ。

人間関係


人間関係は、拡げるものじゃなくて、勝手に拡がるもの。


人と出会ってから、なにかをするのではない。自分の指針に沿って行動した先に、出会いが待っている、という話。


僕は、面白い人と出会ってから何かしよう、という逆の意識だった。


まずは動くことが大切で、その先で出会える人は、きっと同じ感性を感じることができるはず。


しっかり行動しよう。(2回目)

「ブクマ!」にバカがいた話

さて、本の内容で印象的だったことはここまでとして。


読み終わった本は、「ブクマ!」という本のフリマアプリで売り、その売上金でまた本を買っていて。僕が読んだ『バカとつき合うな』は、すでに売れたんだけど、その買い手がバカだと感じられた、という話をすこし。


フリマアプリ - ブクマ! 本のフリマでかんたん出品
フリマアプリ - ブクマ! 本のフリマでかんたん出品
無料
posted withアプリーチ

招待コードに「8485C」と入力すると50円分のポイントが加算される。未登録の方はぜひ。


「ブクマ!」で購入するときは、出品者の発送場所・日数・方法を画面で確認することができる。しかし、購入後の個人メッセージで


「いつ頃発送していただけますか?」という質問がきた。


…バカだ。4〜6日と書いてあるだろ。わざわざ返信させるな。


と思いながら、メッセージを返した。

バカを斬りたくなる本。

堀江さんと西野さんが、この世に存在するバカを次々と斬っていくこの本を読んでいたら、僕も他人を斬りたくなってしまったようだ。


失礼失礼。


この本の終盤にもあるが、人間は誰しもバカ。ぼく自身も、バカだ。だからこそこの本は、多くの方に受け入れられるんだろうなとか思いながら。


「悪いバカ」とつき合うことなく、「良いバカ」として行動と思考を重ねて、自分自身を示していこう。


そういうことである。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


やるしかないから、やるしかない。

【Sponsored Links】