0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、サッカー大好きコピーライターのブログ。

【Sponsored Links】

「自由に生きる」だけじゃ物足りない。ぼくは、「好き」に囲まれて生きていたい。

f:id:nobo0630:20190125233049p:plain


先週、ふとTwitterのプロフィールを編集しようと思った。


Twitterのプロフィールには、現在どのように生きているのか、そして今後どのような存在でありたいのかを書くとよい、と聞く。


それによって他人から認知されやすくなり、同志や信頼が集まりやすくなるから、らしい。

ありふれた「自由に生きる」

自分自身がどんな生き方を目指しているのか考えたとき、スッと浮かんできた言葉は「自由に生きる」であった。


会社に属することなく、自由な場所で、自由な時間で、自由な服装ではたらく。それこそが、今の自分が理想とする生き方だ、と。


…しかし、なんだかしっくりこない。ありふれてる感じもして、結構つまらない。それに、自由な場所とか時間とか服装とか、”それだけ”なら、すでに叶えられている。


クラウドワークスランサーズなどといったクラウドソーシングを利用しながら、金銭的に足りなかったら登録制のアルバイト。これが今のぼくだが、この生き方で最高にハッピーかと聞かれたら、決して、頷くことはできない。

「好き」であふれた人生を。

どうやら「自由に生きる」だけでは物足りない。ちがうちがう、そうじゃ、そうじゃない。


じゃあ、その根底にある思いはなんだろう。Twitterのプロフィールに書くべきキャッチーなフレーズはなんだろう。


考えていたら、こんな答えが出た。


自分の人生を「好き」で満たしたい。


これだ。好きじゃないものは排除して、ただ好きなものに囲まれて生きていたい。極めて、シンプルだ。


だから今、わりと自由に生きているし、ゆくゆくはSNSの発信を通して「職業:じぶん」を実現したいと思っているわけだ。


今後も「好き」勝手に。

ということで、今は”そんな感じ”のTwitterプロフィールになっている。よかったら、ぜひ覗いてみてほしい。

twitter.com


そして、もし共感してくれるような方がいらっしゃったら、フォローしていただけたら嬉しいです。…なんてことを言うのではなく、自分の行動で示すのが筋じゃないかといつも思っているので、好き勝手に発信を続けていきます。


アホみたいに理想を夢見て。




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


めちゃくちゃ話変わるけど、近所のガストの可愛い女性店員とは、どうやったら仲良くなれるかな。

【Sponsored Links】