0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、26歳フリーライターのブログ。

【Sponsored Links】

【受講生ガチの声】宣伝会議コピーライター養成講座を受けるメリットとは。

f:id:nobo0630:20190410105358p:plain

宣伝会議コピーライター養成講座「基礎コース」の受講料は、16万円。受講してみたいけど、けっして安くはないよなぁ。それだけのお金を払う価値はあるのかなぁ。


かつてぼくには、そんなことを思う時期がありました。


きょうは過去のじぶんの背中を押すきもちで、コピーライター養成講座修了生として、受講してのメリットを書いていこうと思います。

(↓動画版はこちら↓)

【受講生ガチの声】宣伝会議コピーライター養成講座を受けるメリットとは。

(↓宣伝会議コピーライター養成講座公式サイトはこちら↓)
copy.sendenkaigi.com

結論、ドン。

さっそくですが、結論から。

f:id:nobo0630:20190410105000j:plain

ぼくが感じたメリットは、大きく分けてこの4つ。


ひとつひとつ、紹介していきます。

①現役のコピーライターの指導を受けられる

まず、これがこの講座の醍醐味。今まさに"第一線"で活躍しているコピーライターが、仕事の合間をぬって(これも仕事なんだろうけど)駆けつけ、知識をさずけてくれます。


クリエイターらしくみなさん個性的な服装や髪型で、クリエイティブについて語ってくれました。


また個人的には、「登壇してないコピーライター」も魅力的で。


講師によっては、その日の講座のあといっしょに居酒屋に行こうと誘ってくれることがあります。そこで見せてくれる力感のない姿、価値観、何気ない言い回し


またひとつコピーライターのおもしろさを感じ、より一層あこがれる気持ちを強くすることができましたね。

②コピーの知識が身につく

コピーライター養成講座なんだからそりゃそうだろ、と思われるかもしれませんが。でもやっぱり改めて振り返ってみると、大きなメリットでした。


ぼくはそれまでコピーに関する書籍を何度か読んでいたけれども、講座では毎回"発見"があったように思います。


またこの講座は、必ずしも次世代のコピーライターを育てるためのもの、というわけではありません。どちらかというと、コピーライターの考えかたや価値観を教わるイメージのほうが強いわけです。


そのためディレクターやデザイナー、営業職も含め、コピーライターの発想法を知りたいという方も多く見受けられ、そういった意味でのおもしろい出会いも多くありました。

③同類項の仲間ができる

同類項としましたが、それはつまり広告やコピーにアンテナを張っている仲間。ふだん生活しているだけでは交わらない人と、出会うことができます。


5回目くらいの講座のあと、宣伝会議さんが懇親会を開いてくれました。ぼくらのときは表参道の中華料理屋さんを貸し切っていただき、5〜60人でご飯とお酒を堪能。


講座が終わってからもその縁は続き、例えばぼくのコピーライターの師匠(師匠も修了生でした)は、いっしょに仕事をする関係にもつながったそうです。


…ぼく自身は現状、うまく縁を活かせていませんけれども。笑

④就職、転職につながる

ぼくはこの講座のおかげで「未経験」からコピーライターになることができました。


コピーライター養成講座には、受講生しか見られない求人情報があり、就職先をすこし斡旋してくれます(斡旋がメインというわけではありませんが)。なので転身を考えている方にはオススメ。


またこの講座は業界内では有名で、それゆえの「説得力」があります。ぼくが講座で出会った、広告会社で営業として働いていた知り合いは、会社内でコピーを書く機会をもらうことができたそう。


会社内での異動をめざすという面でも、大きなメリットになることは間違いありません。

迷ったら、行け。

ということで以上が、ぼくが実際に受講して感じたメリット。


書きながら思いましたが、講座で得た人間関係をフイにしているのは、かなりもったいないですね。これからでも遅くないと思うので、発信活動を通してまた何かつながりを生み出すことができればいいなと思っています。


そして、自戒もこめて「迷ったら、行け。」と記しておきます。やった後悔よりもやらなかった後悔のほうが大きい、とはよく言いますし、迷っているということは、良い面か見えているということ。


ぼく自身、講座をきっかけに東京に引っ越したことで"人生を進められた感"を持てましたし、まず飛び込んでみて、それからいろいろと考えてもいいのかなと思います。無責任、ですけどね。


ということで今日のところはこの辺で。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


けっきょく、自分の決断がすべてだよね。

【Sponsored Links】