0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、26歳フリーライターのブログ。

【Sponsored Links】

キーワードは「具体・抽象・転用」。前田裕二さんの『メモの魔力』が、クリエイティブに役に立つ。

f:id:nobo0630:20190616194559p:plain


ライブストリーミングサービス「SHOWROOM」を手がける前田裕二さんの著書『メモの魔力』。


今さら読み始めたのですが、さすがヒット作だけあって、実践的な金言が多く感じられます。


まだ最後まで読んではいませんが、ここまでで印象的だった内容をシェアしていきたいと思います。


このメモは「備忘録」だけに留まらない。

メモの魔力』には、前田裕二さんが日ごろから行なっている、メモを使った思考法が書かれています。


ポイントは、いわゆる「備忘録」だけに終わらせず、それをアイデアやアクションに昇華させること。


実際の前田さんのメモを列挙しながら、とにかく“実践的な”内容が書かれています。

メモによって鍛えられる5つのスキル。

前田さんが考えるメモによって鍛えられる5つのスキルは、以下の通り。

①アイデアを生み出せるようになる(知的生産性の向上)
②情報を「素通り」しなくなる(情報獲得の伝導率向上)
③相手の「より深い話」を聞き出せる(傾聴能力の向上)
④話の骨組みがわかるようになる(構造化能力の向上)
⑤曖昧な感覚や概念を言葉にできるようになる(言語化能力の向上)


詳しくはぜひ書籍で確かめていただきたいのですが、とくに印象的だったのは、「⑤曖昧な感覚や概念を言葉にできるようになる(言語化能力の向上)」。


日常の「すごい」や「やばい」が、「どうすごいのか」「どうやばいのか」言語化することの重要性を説いていて、コピーライターとして活動している僕にとっては実用性が強く感じられました。

具体・抽象・転用

そして、前田式メモ術を構成するのが、具体・抽象・転用


つまり既存の具体的事象から抽象をとりだし、それを転用してじぶんの新しいアイデアを生み出す、ということ。

たとえば。

たとえば、「YouTuberが売れている」という具体的事象があるとして、その要因を抽象化してみます。

たとえば、「テレビのように作り込まれたものじゃなく、未完成さがウケている」とか「枠にとらわれない破天荒な企画がウケている」とか。最後はこれを転用してアイデアを生み出します。

たとえば、「勉強中の専門学生が調理する格安の飲食店」とか「YouTuberの企画を思う存分体験できるアミューズメントパーク」とか。


内容の良し悪しはべつとして、このように考察を深めていけるのが前田式メモ術なのです。

すっかり魔力の虜です。

3ヶ月ほど「積ん読」していたこの本ですが、もっと早く開いておけばよかったと思っています。笑


それだけ、わかりやすく実用性に富んだ内容が展開されているということで。


まだ半分くらいなので、今後もまた面白い内容はここにシェアしたいと思っています。


まだ読んだことがないという方、きっとこれからでも遅くありませんよ。

【Sponsored Links】