0→1(ゼロカライチ)

多拠点生活を目論む28歳コピーライターのブログ。

【Sponsored Links】

【体験談】日本ワーキングホリデー協会の初心者セミナーに参加してみた。【STEP1】

f:id:nobo0630:20200214183053p:plain


どうも、ぼーの(@nobo0630)です。です。


今日は、まあタイトルの通りなのですが、ずっと気になっていたワーキングホリデーの説明会に参加してきました。


今回の内容はこんな感じです。

ワーキングホリデーとは

まず「ワーキングホリデー」という言葉の意味についてなのですが、辞書で引くと以下のようになります。

青少年が海外旅行中,訪問国で労働することを認める制度。日本は1980年(昭和55)オーストラリアとの間で始めた。

働くん?休むん?って感じの言葉なんですが、人生における休日のような特別な期間、みたいなイメージなんですかね。


一般的には18〜30歳の方が受けられる制度のようです。

なぜ今回の説明会を受けようと思ったか

ちなみに、僕が今回の参加を決めた理由なんですが、かねてより漠然と海外に行きたいという気持ちがあったからです(まだパスポートすら持っていません)。


別にワーホリにこだわっているわけでもなく、将来的に外国と携わる仕事がしたいわけでもなく、とにかく海外に身を置いてみたいと。


そのひとつの手段として、偶然ワーホリを知っていました。また、最近知り合った方にオススメされ背中を押されたことも、今回の参加にあたる大きな理由のひとつです。

日本ワーキングホリデー協会

そして、今回の無料説明会を主宰されていたのが、日本ワーキングホリデー協会。まあざっくり言うと、日本でワーキングホリデーを普及・支援してます、みたいな。笑


今回僕が参加したのは、同協会が【STEP1】と位置付ける「初心者セミナー」なのですが、どうやら段階に合わせたさまざまなセミナーも行っているようです。


また、セミナー会場は東京だけじゃなく、大阪、名古屋、福岡、沖縄など、日本各地に点在。セミナー内容によっては、他会場と音声をつなぎやりとりをすることもあるんだとか。


他のセミナー情報や団体特有のメリットなどは、ぜひ公式サイトをご覧ください。

www.jawhm.or.jp

きょうの説明会の内容


まずはアイスブレイクから。

広々とした1ルームの半分がセミナー会場、そしてもう半分が相談窓口、といった感じ。


11:00スタートで、僕は10:58くらいに到着したのですが、男性2人が座るテーブルに座るよう案内されました。


席にはアンケート用紙とオリジナルの冊子が(この冊子はなかなか有益な情報が盛りだくさんでしたね、無料なのに)。

そして、まずは参加者同士の自己紹介からスタート。当たり障りのない会話でそれとなく和んだ、という感じですかね。


講師の自己紹介やワーホリの紹介へと続く…

それから講師の方の自己紹介があり、ワーホリという制度の説明や協会の話、各国の特徴などに話が進みました。


ちなみに今日は、英語圏の国(オーストラリア、ニュージーランド、カナダ)を対象としたワーホリの説明。日によって滞在先の説明は違うようなので、参加される場合は要チェックです。


ただ、ここらへんはHPに載っているような内容でしたし、個人的に僕が気になっていたことではなかったので、正直退屈な時間に感じられました。笑

待ってました、ビザ事情!

そして、いよいよ僕が知りたかったお金とビザの情報が。


僕は恥ずかしながら、まず「ビザ」をはっきりと認識できていませんでしたが、今回のセミナーで理解できました。要するに「入国許可証」ということですね。


種類としては「観光ビザ」や「学生ビザ」、「ワーキングホリデービザ」などがあって、どういう体(てい)で海外へ入国するかってのが、俗に言う「ビザ」なようです。

初期費用の具体的なイメージも!

そして、ビザ申請も含めた具体的なお金の事情も説明されました。


ワーキングホリデーの初期費用としては

・ビザ申請代金
・航空券
・学費(一般には現地の学校へ通い語学を学ぶ)
・生活費
・海外留学保険

などの項目がかかり、やはりお金はかかるようです。


もちろん、国によってビザの制度やワーキングホリデーによる滞在期間は異なるようなんですけど、ね。


セミナーに参加してみて良かったこと

まあ前述と重複する内容もあるのですが、ビザや具体的な料金を学べたのは良かったですね。


これまで自分で学ぼうとなんとなく思っていても、全然実行できていなかったので。


あとは何より、自分の今後を見つめ直す良いきっかけをもらえましたね。「どうして海外に興味があるんだっけ」などと、自分の人生の目的を改めて考えさせられました。


たとえば極端な話、「英語を学びたい」というだけなら、日本国内でも全然できちゃうことですからね。


何に価値を感じているのか、そしてこれからどうしていきたいのか、この機会に考えを深めていければと思いました。

イマイチだったこと

イマイチだったことは、「せっかくのアイスブレイクを活かしてほしかった」ですかね。


完全に個人的な発想なんですが、最初に行ったアイスブレイク以降、同じテーブルの人間で話す機会は与えられませんでした。


せっかく偶然知り合えたのだから、もっと海外に関するワークショップなどを実施して、自分や他人と向き合う時間にしてほしかったですね。


前述の通りHPを見れば分かるような内容の話があったんですが、それがけっこう長くて、なんか勿体なあと思ってしまいました。

とりあえず、参加して良かった。

とまあ、ちょっとした苦言めいたものも書かせていただきましたが、結果として参加して良かったです。


ビザやお金の事情に関するイメージが膨らみましたし、自分が海外を通じて何をしたいのか、改めて考えてみようと思います。


もし、説明会の参加に迷われている方がいたら、ぜひオススメしたいですね。どうせ無料だし、活動圏内に会場があるなら行ってみるべきかな、と。


ということで


ちょっと長くなりましたが、今回のお話はこんなところで。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ぼーの(@nobo0630)でした。

【Sponsored Links】