0→1(ゼロカライチ)

多拠点生活を目論む28歳コピーライターのブログ。

【Sponsored Links】

テレビの故障によって、意外とあっさりNHKを解約できそうになっている話。

f:id:nobo0630:20210426171911j:plain


どうも、ぼーの(@nobo0630)です。

今回はNHK(日本放送協会)の受信料に関する話をしようかと思うんですが、別にNHKの解約を勧める記事ではありません

コレコレこういうことがありまして、解約できそうになっていますよと、その経験をシェアしたいと思います。

テレビに番組が映らなくなった。

ことの発端は先月上旬ごろ、突然うちのテレビに番組が映らなくなりました

f:id:nobo0630:20210426160901j:plain
(部屋の模様が画面に反射したのでモザイクかけてます)


画面には「B-CASカード」を読み取れなくなっているとのこと。じつはこれまで何度かあったことで、その度に自然回復を遂げていました。だから今回も時間が経てば直るだろうと、そこまで焦らず過ごしていたわけです。

しかし…今回は待てど暮らせど番組が映りません。画面にあるようにB-CASカードや電源を抜き差ししても、まったく回復しないのです。このブログを書いている今日現在も、ずっと画面は写真のまんま。

ただ、ここでふと気がつきました。

あれ?この状況なら、NHKを解約できるんじゃね?

隔月で4340円は馬鹿にならんよね。

f:id:nobo0630:20210426162423j:plain
(日本放送協会の略ね。NHK。ローマ字かよて)

東京に引っ越してきたばかりの時、インターホンが鳴り「ご通達です」と言われてドアを開けてしまってから、僕はNHKの受信料としてお金を払っていました。

隔月で4340円。2ヶ月に一回とはいえ、けっこう馬鹿にならない額だったりします🙄

ただ、NHK公式のサイトを調べてみると【解約の主な理由】として以下のようにありました。

(2)廃棄、故障などにより、受信契約の対象となる受信機がすべてなくなった場合
 ・受信機の撤去
 ・受信機の故障
 ・受信機の譲渡 など

NHK受信料の窓口-放送受信契約の解約 より〉

受信機の故障…!

「これだ」と思った僕は、Webサイトに記載された電話番号をかけてみました。

意外とあっさり届出書をゲット。

自動音声を乗り越えオペレーターと対面。本人確認を経て、テレビが故障したから解約したいという旨を伝えると「後日、担当者が改めて電話します」と言われました。聞けば、担当地区の営業所の方が改めて電話したいとのこと。

そんでその後日、改めて解約の旨を担当者に伝えると、意外とあっさり承諾いただきました😳所定の届出書が郵送で届きまして、付属の返送用封筒で返送し、今はその返答待ちといった状況です。

f:id:nobo0630:20210426165756j:plain
(届出書の裏面。ね、NHKのロゴマークあるっしょ)

なんか「ほんとに故障したんだろうな?」なんて自宅に押し掛けられることも想像していたんですが、そんなこともありませんでした。

電話口で「他にワンセグ機能のある機器や、テレビの修理や再購入のご予定はありませんか?」と訊かれた程度で、ほんとあっさり解約できそうです。

まじかよ。笑

今後の動向はいかに。

f:id:nobo0630:20210426172422j:plain
(僕は生活からテレビ番組を失った。でも…)

そんなこんなで普段の生活からテレビを失ったわけですが、まったく支障がありません

見たい番組は『TVer』でチェックできるし、そもそもYouTubeが生活の中心で、番組を見ていませんでした。そしてモニターとしては映るので、プレイステーションも問題なく楽しめてるってわけです。

このまま無事、4340円が浮いてくれることを願いつつ…🙏 また何か動向があったら、このブログでシェアできればと思います。


ということで、今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぼーの(@nobo0630)でした。

【Sponsored Links】