0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、サッカー大好きコピーライターのブログ。

【Sponsored Links】

仕事でもプライベートでも役に立つ! 「ノー」を「イエス」に変える7つの技術。【伝え方が9割】

f:id:nobo0630:20200203083643p:plain


どうも、ぼーの(@nobo0630)です。


突然ですがみなさん、他人に何かを頼むことって、得意ですか


ちなみに僕は「断られたらどうしよう…」とか「甘えるのは得意じゃないな…」とか、そんなことを考え迷いが生じてしまいます。あまり得意ではありません。


ということで今回も前回同様、かつて大手広告会社「博報堂」でコピーライターを務められていた佐々木圭一さんの著書『伝え方が9割』から、コトバに関する情報をシェアします。


サクサク読めて、何気ない実生活にも役立つ内容となっていますので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

出典:伝え方が9割

まずは書籍の紹介から。


ダイヤモンド社から、これまで2作が出版されています。


どちらもイラストが使われており、そして内容も分かりやすいため、とにかく頭に入ってきやすい印象を僕は抱いています。

「ノー」を「イエス」に変える技術

前回の記事では「強いコトバの作り方」をシェアしましたが、今回のテーマは「ノー」を「イエス」に変える技術です。


この記事の冒頭に書いたように、誰かに頼み事をする時や、例えばデートに誘う時など、人生のさまざまな場面で役に立つと思います。


さっそくですが、佐々木さんが考える「イエス」に変える3つのステップはこちら。


①自分の頭の中をそのままコトバにしない
②相手の頭の中を想像する
③相手のメリットと一致するお願いをつくる


コミュニケーションの基本的なことなので、ある程度想像はつくことでしょう。具体的には、以下のようなイメージになります。

「イエス」を作る7つの技術

佐々木さんは本の中で、「イエス」を作る7つの方法を紹介してくれています。

1.相手の好きなこと

例:デートしてください→「驚くほど旨いパスタどう?


まずは、相手の好きなことを想像し、提案すること。


デートの時に限らず、SNSなどで相手の趣味をリサーチしてリーチすると効果的ですね。

2.嫌いなこと回避

例:芝生に入らないで→「芝生に入ると、農薬の臭いがつきます


こちらはいわば、“やわらかい脅し”のようなイメージでしょうか。


上記の例では「芝生に入らせない」というように、まずしっかり目的を見据えて上手く誘導したいところですよね。

3.選択の自由

例:デートしてください→「驚くほど旨いパスタの店と、石釜フォカッチャの店どちらがいい?


デートの「イエスorノー」で迷わせることはなく、デートは前提に「パスタorフォカッチャ」で迷わせる。


これなら確かに、はじめは行く気がなくても「じゃあどちらかと言えば…」となるような気がします。

4.認められたい欲

例:残業お願いできる?→「きみの企画書が刺さるんだよ、お願いできない?


いわゆる自己顕示欲を刺激する手法。


すこし“ヨイショ”して、相手に気持ちよく引き受けてもらいましょう。

5.あなた限定

例:自治会のミーティングに来て→「他の人が来なくても、〇〇さんだけは来てほしいんです


“限定”や“特別”に弱いのが、人間の性。


「あなただけ」というニュアンスを上手く伝えたいところです。

6.チームワーク化

例:勉強しなさい→「いっしょに勉強しよう


1人では難しくても、誰かとならできてしまう。


多くの人に、そんな経験があるのではないでしょうか。


他人を巻き込むことで自分にも良い影響を生み出せば、もう申し分ありませんね。

7.感謝

例:領収書をおとしてください→「いつもありがとうございます。領収書お願いできますか


誰かに感謝されることを嫌がる人は、そういないと思います。


また、他人に感謝できる人は多いようで少なくも感じられる。


自分の評価も上げつつ、他人と良好な関係を築いちゃいましょう。

ぜひ、実践してみては。

ということで以上が 「ノー」を「イエス」に変える7つの技術


個人的にはこの方法で、それこそデートに行くことができました。


みなさんもぜひ、実生活で実践してみてください。ひょっとしたら、世界が変わるかもしれませんよ。


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ぼーの(@nobo0630)でした。

【Sponsored Links】