0→1(ゼロカライチ)

ゼロからイチを生み出す、26歳フリーライターのブログ。

【Sponsored Links】

【PL第4節】HOMEグディソン・パークで、相手の守備戦術に苦戦。【エヴァートン】

f:id:nobo0630:20180903003309j:plain

サッカー大好き男のマッチレビュー。


今回は、プレミアリーグ第4節エヴァートンvsハダースフィールドの一戦について書いていく。

プレミアリーグ第4節

エヴァートンvsハダースフィールド
1−1


フィリップ・ビリング(前半34分)
ドミニク・キャルバート・ルーウィン(前半36分)


結果的に引き分けに終わったこのゲーム。両チームのスタメンはこのようなかたちだった。


f:id:nobo0630:20180902221140p:plain

エヴァートンは、水曜日に行われたカップ戦で結果を残したFWルーウィン、DFディニュ、ズマの3人がリーグ戦初先発。


対するハダースフィールドは5−4−1のフォーメーション。後ろに重心をかけ、しっかり守ってカウンターをしようという意図が見て取れた。

封鎖されたハーフスペース

試合は序盤から、このハダースフィールドの守備戦術が奏功する。


今季のエヴァートンの特徴は、以前のレビュー記事にも書いたポジショナルプレー。

すなわちハーフスペースを活用した、斜めの動きの連動による崩しだ。


しかしこの試合、ハダースフィールドは5バックでエヴァートンのハーフスペースを封鎖

たとえば、敵陣ハーフスペースにポジションを取ったウォルコットに後ろからボールが入った場面。

f:id:nobo0630:20180902231903p:plain

CBが前へ相手を潰しに出ていくと、どうしても赤い丸で描いたスペースが空きがちになるが、この試合のハダースフィールドは5バック。


しっかりとDFがスライドすることで、最終ラインに穴を空けない守備が敷かれていた。


これまでリーグ戦3試合、4−4−2のフォーメーションを敷くチームと戦ってきたエヴァートン。

ハーフスペースにボールを入れても相手を崩せない状況に、ホームで攻めあぐねる状況となってしまった。

先制、そしてすぐさま同点

守備でリズムをつかんだハダースフィールドは、エヴァートン陣内でボールを持つ時間が徐々に増えてくる。

すると、前半34分。

CKからビリングが先制点を奪うことに成功する。

f:id:nobo0630:20180902233416j:plain


それまで攻めあぐねていただけため、個人的に”嫌な予感”が漂ったのもつかの間。

今度はエヴァートンが同点弾を奪う。



相手DFを1人剥がしたディニュが、左サイドからゴール前に絶妙なクロス。

これを中央で待っていたルーウィンが頭で合わせ、すぐさま同点。

エヴァートンにとっては大きい、ハダースフィールドにとっては手痛い一点となった。

f:id:nobo0630:20180902234016j:plain

サイドを”えぐる”攻撃が見たい

とはいえ、その後はエヴァートンが、前述した相手の5バックを崩すことができず。

攻撃時には3−4−3になり、前線にはスピードがある相手の攻撃にも手を焼き、ホームでドローに終わってしまった。


今後の課題は、今回のようにゴール前を固められた時の崩しだろう。

個人的には、「ボールを呼び込む裏への動き出しの少なさ」が気になった。


例えば、相手陣内のタッチライン深く、いわゆるニアゾーンにボールを運び、マイナスのクロスでシュートまで持っていく崩し。

これまでエヴァートンのリーグ戦4試合をフルタイムで観てきたが、「サイドを”えぐる”攻撃」は未だ見られていないように思う。


次節のウェストハム戦では、マルコ・シウヴァがどのように修正を施してくるのか。

ホームでの大声援を背に、勝ち点3を獲得する姿に期待したい。



↓サッカー観戦がより面白くなる!オススメの一冊↓

【Sponsored Links】